ご訪問いただきありがとうございます。SONY RX10, RX100などで風景やスナップなどを撮っています。どうぞごゆっくりご覧下さい。                  ※ 画像の無断使用、転載はお断りします。


by lucky562
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

堺ぶらぶら-3

少し間が空いてしまいましたが、堺ぶらぶらの写真を続けさせていただきます。
堺と言えば刃物、自転車、鉄砲などが歴史的にも有名ですね。
そこで、まず「堺刃物伝統産業会館」(堺HAMONOミュージアム)を訪れました。

堺の包丁は、煙草包丁や衣類の裁断包丁を経て、元禄時代に料理包丁の製造へと変化していったそうです。人々の“おいしいものを食べたい”という
ニーズに合わせて、料理人の求める包丁に堺の職人が応えることができたのは、優れた「鍛冶」技術とそれを最大限に生かす「刃付け」技術が
あったからでした。現在も業務用包丁の約90%のシェアを誇り、「あの職人さんの手がけた包丁でないとあかん」と、信頼のブランドとなっています。
                                                     社団法人堺コンベンション協会「堺観光ガイド」より引用

すべて NEX-5 SEL18-55/3.5-5.6 OSS

ミュージアムの入り口上の大きな刃物のオブジェ
「第8回堺市景観賞『まちなみに配慮した建築物』部門」を受賞されたそうです。
e0002371_8492029.jpg



展示室に入ってすぐ目に飛び込んできたのがこの巨大なハサミ
何と重さ50kgもあるそうです。
何人がかりで何を切るのでしょう?(笑)
e0002371_8514690.jpg



展示されている刃物は数ある料理包丁のほんの一部だそうですが、それでもいろんな用途に応じていろんな種類・大きさがあるのに驚きました。
e0002371_85499.jpg



e0002371_8571475.jpg



e0002371_8575222.jpg



e0002371_8581352.jpg



e0002371_8582792.jpg



こうなると実用品というより芸術作品ですね。
いかにも研ぎ澄まされた感じで、切れ味抜群なんでしょうね。
e0002371_8584149.jpg



展示だけでなく販売も行われていました。
価格帯は2千円から20万円程度だそうです。
e0002371_8585610.jpg


10
e0002371_859923.jpg


11
刀剣は思ったより少なかったです。
e0002371_859227.jpg


12
外では包丁の鍛錬の実演を見学できました。
炉の中の温度は約1100度だそうです。
e0002371_8593481.jpg


13
ガンガンガンガンと機械で打つ速く大きな音がすごかったです。
職人さんは耳栓をしておられました。
e0002371_8595472.jpg


14
何を作っておられるのか尋ねるとさしみ包丁だという答えでした。
e0002371_90667.jpg


15
機械で打った後、さらにハンマーで整形されてました。
e0002371_11145531.jpg


16
会館入口の刃物供養塔。
寿命を終えた刃物を投函すると、「堺刃物まつり」で供養してもらえるんだそうです。
e0002371_11151827.jpg


17
e0002371_11153546.jpg


18
e0002371_11155191.jpg
                                        
[PR]
by lucky562 | 2010-11-09 11:32 | 町スナップ