ご訪問いただきありがとうございます。SONY RX10, RX100などで風景やスナップなどを撮っています。どうぞごゆっくりご覧下さい。                  ※ 画像の無断使用、転載はお断りします。


by lucky562
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

昔の写真(四国旅行)

1993年(平成5年)の夏休みに、家族で4泊5日の四国旅行に行きました。


1988(昭和63年)に開通した瀬戸大橋を利用して四国へ渡りました。
e0002371_19505319.jpg



この前年に購入した初代セルシオでのドライブ旅行でした。
日付の下にボンネットの一部がちょっぴり見えています。
e0002371_1953497.jpg



まず訪れたのは、香川県丸亀市の(旧)「レオマワールド」です。
e0002371_19563048.jpg



1991年(平成3年)に開園された(旧)「レオマワールド」は、その後営業不振のため2000年(平成12年)に
一端閉園となり、紆余曲折を経たあと、現在は「大江戸温泉物語」が経営母体となって「ニューレオマワールド」
となっています。
「レオマワールド」では2泊したのですが、残念なことに2日とも大雨に祟られ、ほとんどホテルに閉じこもったままでした。
でも、おみやげだけはきっちり買いました(笑)
e0002371_2095725.jpg



翌々日は良い天気となり、高知を目指して南下する途中、大歩危小歩危や有名な祖谷渓の「かずら橋」を
渡ったりしました。
e0002371_20141099.jpg



「かずら橋」は一方通行になっています。
毎年一回付け替えるということでした。
ゆらゆら揺れるのと、丸太の床に隙間があるため下が丸見えで、かなりスリルがありました。
e0002371_20142167.jpg



その後ひたすら南下して、高知の「桂浜」に到着しました。
e0002371_20165696.jpg



「桂浜」にある有名な「坂本竜馬像」
高知で一泊すればよかったのですが、私の計画が甘く、宿を予約してあったためこの後さらに室戸まで
走りました。室戸の宿に着いた時は午後7時半ころで、すでに辺りは真っ暗でした。
すぐに夕食を食べたのですが、お腹がぺこぺこだったこともありカツオのタタキがすごく美味しかったです。
長時間運転で疲れていたこともあり、食後はすぐにバタンキューでした(笑)
e0002371_20172318.jpg



翌日室戸を後にして徳島へ向かい、観潮船に乗って鳴門の渦潮を見学しました。
e0002371_20293053.jpg


10
大鳴門橋下の渦潮は迫力満点でした。
e0002371_20294174.jpg


11
e0002371_2030973.jpg


12
e0002371_2030998.jpg


この後、大鳴門橋を通って淡路島に渡り淡路島で一泊しました。
あくる最終日は、午前中海水浴をした後昼過ぎに出発、当時はまだ「明石海峡大橋」は開通していなかったため、岩屋港からフェリーで明石港へ渡って帰宅となりました。
[PR]
by lucky562 | 2013-08-19 21:09 | 昔の写真

昔の写真(広島、山口)

在庫が尽きました。

体調が万全ではないので、最近写真撮りに行けてません。
お散歩もあまり出来ておりません。

もっぱら出かけるのは病院ばかりです(笑)
現在、3病院で4人のドクターに定期的に診ていただいています。
なので、診察やら検査やらでほぼ毎週どこかの病院に行ってます。
ひどい時は1週間のうち4日病院通いでした。

薬の多さも半端ないのです。
朝食後に飲む薬が一番多くて、8種類14錠もあります。

そういう訳で、次回どこかで写真撮ってくるまで昔の写真で凌ぐしかないようです。
歳が歳だけに、昔の写真なら腐るほどあります(笑)
と言っても家族やら親戚、友人たちを撮った写真がほとんどなので、ブログにアップできる写真は
それほど多くないのがちょっと辛いです。

今回の昔の写真は、大学1回生の頃、友人と二人で広島、山口あたりを旅行した時の写真です。
ハーフサイズからのスキャン画像なので、画質があまり良くありませんがどうぞご覧ください。


小郡駅前のようです。
バックに見えるバスのレトロ感がすごいですね。
それにしても夏休みの旅行なのに、なんでもっとラフな格好で行かなかったんだろう?(笑)
e0002371_23123086.jpg



秋芳洞の入り口です。
e0002371_23121792.jpg



e0002371_23125553.jpg



日本最大のカルスト大地として有名な秋吉台ですね。
e0002371_23123985.jpg



原爆ドームの写真ですが、何かの乗り物の窓から撮ったようですね。
ネットで調べてみると、どうやら太田川に掛かる相生橋の上を走る広島電鉄のようですが
間違っているかもしれません。
e0002371_23152566.jpg



平和記念公園です。
バックに原爆ドームが見えます。
e0002371_2313025.jpg



宮島の厳島神社です。
草履に履き換えてますね。
今はどうなんでしょう?

その後、ネットで調べてみると、厳島神社は昭和50年頃まで土足禁止で、神社が入り口で用意している草履を
履かないと入れなかったそうです。
e0002371_23135455.jpg



あまり記憶がないのですが、厳島神社の近くにある宮島ロープウェイのようです(多分)
e0002371_23161561.jpg



宮島ロープウェイで上ったところにある獅子岩展望台です(多分)
e0002371_23163291.jpg


10
山口県岩国市の錦帯橋です。
e0002371_23435353.jpg


11
これ、どこの庭園か全く分かりません。
平和記念公園の次のネガだったので、広島のどこかの有名庭園かもしれませんね。
e0002371_23164569.jpg

[PR]
by lucky562 | 2013-07-03 23:52 | 昔の写真
今から35年くらい前でしょうか、私が結婚して間もないころトヨタから「ソアラ」という車が発売されました。
その前年に開催された大阪モーターショーで、「EX-8」という何とも地味な名前(笑)をつけられたコンセプトカーが、翌年これとほとんど変わらない形で発売されました。
それまでの丸い指針式アナログメーターに代わって蛍光管やLEDで表示される斬新なデジタルメーターを始め、当時の
トヨタの技術の粋を集めて作られた車でした。

圧倒的なパフォーマンスを持つグランドツーリングカーという位置付けで売り出されたソアラは、「5M-GEU」型2800cc
EFI直列6気筒DOHCエンジンをもち、最高出力は170ps/5600rpm、最大トルク24.5kg/mを叩き出し、当時のGTRやフェアレディZをも凌ぐハイパワーぶりでした。

170psという値は今ではごく平凡な値ですが、度重なる自動車排出ガス規制によって牙を抜かれ、どの社の車もパワーダウンを余儀なくされて元気がなくなっていた当時では目を見張るハイパワーでした。
太いトルクにも助けられて、アクセルを踏むと静かにしかし驚くほどの加速力で、RED表示の横棒グラフ式タコメーターが気持ちよく伸びていき、デジタル表示のスピードメーターはあっという間に最高速に近づいていきます。
車好きにはたまらない快感でした。
高回転時のクォーンというツィンカムノートにも痺れました。
それだけにブレーキもそれなりに強化され、国産車初の全輪ベンチレーティッドディスクブレーキが奢られていました。

それまで平凡な4ドア車にしか乗ったことのなかった私ですが、いつかはスポーツカーもしくはスポーティーカーに乗ってみたいと思っていました。
当時の私の一番のあこがれはジウジアーロがデザインした「いすず117クーペ」でしたが、如何せん価格がととんでもなく高く、私にとっては高根の花でしかありませんでした。
ソアラも当時としては高級車のイメージでしたので、価格もそれなりに高く当時の価格で多分300万円くらいだったと思います。
でもソアラが欲しくてたまらなくなった私は、貯金の全てを叩いて買ってしまいました(笑)

まだ子どもがいなかった当時、週末になると家内と二人でソアラに乗って近畿一円いろんなところにドライブに出かけました。
いつだったか、京都の京北町花背あたりへ入って行って道に迷ってしまい(当時はまだカーナビなどありませんでした)、車一台がやっと通れるくらいの狭いまだ雪の残る林道を時々スリップでひやっとしながら貴船口までようやくたどり着いたこともありました。
家内の手前、平気な顔を装って運転していましたが、内心はひやひやでした(笑)
夏休みには少々遠出をして、信州、鳥取、四国縦断などへ出かけましたが、運転が楽しくて長距離でも疲れなど感じませんでした。
信州旅行では、まだ全線開通していなかった北陸自動車道を米原JCから糸魚川ICまで、180km/h近くで駆け抜けたこともありました(おまわりさん、ごめんなさい:笑)

やがて、子どもが生まれてからは、さすがに2ドアクーペは使い勝手が悪く、それ以後はセドリック、クラウン、セルシオなどの所謂旦那仕様と呼ばれる大人しい4ドアセダンばかりを乗り継ぐことになりました。
それと子どもたちがある程度大きくなるまでは子育てに忙しく、ドライブに行くこともほとんどありませんでした。
現在は、マークXに大人しく乗っています。
でも、宝くじが当たったらBMWミニを駆って日本一周してみたい(爆)


鳥取へ旅行した時の写真です。
ボッシュのフォグランプを装備しています。
フェンダーミラーがダサく感じられて、後にドアミラーに換えました。
あと、オーバーフェンダーやリアスポイラーも付けました(どちらも単なる飾りでしたが:笑)
取り付けを頼んだ親しいGSの兄ちゃんに「中年暴走族ですね」と冷やかされたりしました(爆)
e0002371_18114421.jpg



後ろは大山です。
現代の車と違って、直線基調のシャープなフォルムが私は好きでした。
今でも流行りの曲線を多用したデザインはあまり好きではありません。
今こうして見ても、低い車高でロングノーズショートデッキのスタイルはかっこいいと思います。
195・70HR14サイズのミシュランXVSが標準でついていましたが、すぐに205・60HR15に履き換えました。
ピカピカのアルミホイールのお蔭もあり、これでいっそうソアラの男前が上がりました(笑)  
写真はノーマル時のものです。
e0002371_022168.jpg



信州旅行で、白馬アルプスホテル前で撮った写真です。
しかし二人とも服装ダッサイですね(笑)
e0002371_16271111.jpg



ホテルのセントネージュ協会の前で・・・イチャツイてます(笑)
実はもっと凄い写真もあったりして・・・(爆)
e0002371_1330593.jpg



八方尾根では風が強く、4月なのにすごく寒かったです。
e0002371_854365.jpg


おまけ
この当時に箕面の滝の前で撮った写真です(家内撮影)
e0002371_18175739.jpg

[PR]
by lucky562 | 2013-06-21 18:37 | その他

車窓から

室生寺の見学の後、再びバスに乗って奥香落を目指しました。
途中、青蓮寺湖という美しいダム湖が見えたり、屏風岩・天狗柱岩・鬼面岩・鹿落岩などと名づけられた奇岩群が見えたりしました。
基本2車線なんですが、山中ではバス一台がやっと通れる1車線しかないところもかなりあって、ヒヤヒヤしながらのドライブでした。
左右に張り出した木の枝で車体をこすったりしながら進みましたが、バスの運転手さんはさすがにプロですね、
見事なハンドルさばきで無事に目的地まで送っていただきました。

枚数多いですがサッとスクロールしてご覧くださいね。
かなり揺れる車窓からの風景ですので、ブレやピンボケ写真がほとんどですがご勘弁ください。

すべて、NEX-5 SEL18-55/3.5-5.6 OSS

室生寺の駐車場を出発しました。
e0002371_1493060.jpg



お掃除ご苦労さまです。
e0002371_14114144.jpg



e0002371_14115947.jpg



e0002371_14122678.jpg



e0002371_14123968.jpg



青蓮寺ダムが見えてきました。
e0002371_14125659.jpg



左手へ回って赤い橋(弁天橋)を渡ります。
e0002371_1413795.jpg



右に今渡ってきた赤い橋が見えます。
e0002371_14173660.jpg



e0002371_14174615.jpg


10
e0002371_1418183.jpg


11
e0002371_14184775.jpg


12
やがて曽爾村の集落の中を通ります。
e0002371_1419021.jpg


13
e0002371_14191830.jpg


14
e0002371_14193599.jpg


15
ブレブレですが、かわいいビーグル犬でした。
e0002371_14204186.jpg


16
生徒さんたちが手を振ってくれました。
e0002371_14205511.jpg


17
曽爾高原はススキで有名なんですが、10月上旬が見ごろということで、すでに時期を逸しているので省略でした。
e0002371_14211052.jpg


18
バイク野郎たち、かっこいいですね。
e0002371_14212544.jpg


19
e0002371_14214087.jpg


20
e0002371_14215538.jpg


21
何とこんな山道をジョギングしている方がいたのにはびっくり。
e0002371_14221036.jpg


22
このあたりは対向車が来ないことを祈りながらのヒヤヒヤドライブ
e0002371_1422248.jpg


23
信号で交互通行の場所もありました。
e0002371_142238100.jpg


24
乗用車とのすれ違いもこの通りスレスレ
これがバスだとお手上げですね。
幸い、1車線でのバスとのすれ違いは↑の信号のところだけだったので助かりました。
ヒヤヒヤしながらのドライブでしたが、無事、奥香落山荘へ到着しました。
e0002371_14225475.jpg

[PR]
by lucky562 | 2010-12-04 14:40 | 風景

室生寺(2)

前回の室生寺のつづきをご覧ください。


五重塔です。
800年頃に建たてられたもので、屋外にある木造五重塔では日本で2番目に古い塔です(1番は法隆寺)
1998年9月の台風7号によって樹齢650年の大杉が倒れ、大きな被害を受けましたが2年後の2000年に復旧されました。
高さが17mほどしかないかわいい五重塔です。
石楠花の時期にも来て写真撮った覚えがあるのですが、ネガが見当たりません。
出てきたらまたアップしてみたいと思います。
e0002371_043245.jpg



e0002371_0462913.jpg



e0002371_04735.jpg



e0002371_0472948.jpg



e0002371_0474215.jpg



e0002371_0481768.jpg



e0002371_0483037.jpg



e0002371_0484622.jpg



e0002371_0485886.jpg


10
e0002371_0491479.jpg


11
e0002371_0493292.jpg

[PR]
by lucky562 | 2010-12-01 01:00 | 風景

室生寺(1)

滋賀へのバス旅行の1週間後に再びバス旅行に参加しました。

今回は奈良の室生寺~奥香落谷~赤目四十八滝というコースでした。

まず、室生寺(1)をご覧いただきます。

使用機材 A700 シグマ50-150/2.8
     NEX-5 SEL18-55/3.5-5.6 OSS

1
駐車場から10分ほど歩きました。
e0002371_12402275.jpg



室生川に沿って歩きます。
e0002371_12414219.jpg



室生川に掛る朱色の太鼓橋を渡ります。
e0002371_12422153.jpg



橋の上から宇陀川の支流である室生川を眺めます。
e0002371_12432084.jpg



渡り終わって境内から太鼓橋を振り返って見ます。
e0002371_12433862.jpg



昔、和歌山の高野山は女人禁制でしたが、ここは女性の参詣が許されたので女人高野と呼ばれました。
e0002371_12435785.jpg



紅葉はまだ見ごろで良かったです。
e0002371_1244134.jpg



仁王門です。
e0002371_12483378.jpg



e0002371_12484681.jpg


10
金堂への階段を上ります。
e0002371_12485852.jpg


11
e0002371_12491111.jpg


12
e0002371_1251397.jpg


13
金堂です。
e0002371_12515341.jpg


14
室生寺は石楠花で有名ですが、紅葉の季節もすばらしいですね。
e0002371_12523460.jpg


15
e0002371_12531735.jpg


16
e0002371_1254351.jpg


17
境内は紅葉や黄葉で豪華絢爛、実に見事でした。
e0002371_12542088.jpg


次回につづきます。
[PR]
by lucky562 | 2010-11-29 12:50 | 風景
すべてNEX-5 SEL18-55/3.5-5.6 OSS
1
e0002371_22345146.jpg


2
e0002371_2235746.jpg


3
e0002371_22354616.jpg


4
e0002371_22355842.jpg


5
e0002371_2236970.jpg


6
e0002371_22362118.jpg


7
e0002371_22363491.jpg


8
e0002371_22364754.jpg


9
e0002371_22365775.jpg


10
e0002371_2237822.jpg


11
e0002371_22372026.jpg

[PR]
by lucky562 | 2010-11-27 22:38 | スナップ

信楽陶芸村

すべて NEX-5 SEL18-55/3.5-5.6 OSS
1
e0002371_14102086.jpg


2
e0002371_14102929.jpg


3
e0002371_14103896.jpg


4
e0002371_14104654.jpg


5
e0002371_14105382.jpg


6
e0002371_14105964.jpg


7
登り窯の外観
e0002371_1411628.jpg


8
登り窯の一つを覗いてみました。
e0002371_1411134.jpg


9
簡単なレクチュアを受けたあと
e0002371_14111962.jpg


10
各自、思い思いの作品を作ります。
e0002371_14112640.jpg


11
窯で焼かれたあと、約1カ月後に送られてきます。
e0002371_14113348.jpg


12
e0002371_14114180.jpg


13
e0002371_14115112.jpg


14
タヌキの焼き物より、私はこっちの方がいいな(笑)
e0002371_14115972.jpg

[PR]
by lucky562 | 2010-11-26 14:16 | スナップ

車窓から

先日バス旅行した時の車窓風景を並べてみました。

何の工夫もなく、ただ車窓から撮っただけの風景をダラダラと並べただけなので、申し訳け程度いつもよりサイズを小さくしました。

枚数多くて済みません。
サーッとスクロールして見流していただければ幸いです。

こんなのコメントのしようが無いと思うので、コメント欄閉じさせていただいてます。

すべて NEX-5 SEL18-55/3.5-5.6 OSS

1
e0002371_230450.jpg



e0002371_231555.jpg



近江富士と呼ばれる三上山
e0002371_2311818.jpg


4
夜中ずっと雨が降っていましたが、朝、奇跡的に止みました(笑)
けれど、やはり雲が多かったです。
e0002371_2312959.jpg


5
近江米の産地の近江平野
e0002371_2313974.jpg


6
e0002371_2315584.jpg


7
e0002371_2322867.jpg


8
e0002371_2323813.jpg


9
e0002371_233152.jpg


10
e0002371_2333396.jpg


11
e0002371_2334833.jpg


12
e0002371_234498.jpg


13
e0002371_2341959.jpg


14
木々の色づきがとてもきれいでした。
e0002371_2343199.jpg


15
e0002371_234438.jpg


16
e0002371_2345572.jpg


17
e0002371_235910.jpg


18
e0002371_2352066.jpg


19
e0002371_2353286.jpg


20
e0002371_2355483.jpg


21
e0002371_236750.jpg


22
e0002371_2362058.jpg


23
e0002371_2363450.jpg


24
e0002371_2364585.jpg


25
e0002371_2365852.jpg


26
e0002371_2371229.jpg


27
e0002371_2372725.jpg


28
e0002371_2373932.jpg


29
e0002371_2375315.jpg


30
e0002371_2385100.jpg


31
e0002371_2381924.jpg


32
帰路に見えた近江富士
e0002371_2383147.jpg


33
e0002371_2384451.jpg


34
e0002371_2385548.jpg


35
e0002371_23983.jpg


36
e0002371_2392192.jpg


37
e0002371_2393563.jpg

[PR]
by lucky562 | 2010-11-24 23:15 | 風景

昔の写真(沖縄)-2

前回のつづきです。
昭和48年(1973年)と言えば、沖縄の施政権がアメリカ合衆国から日本に返還された翌年なんですよね。
それまでは、沖縄に行くには総理府発行(外務省ではなく)の沖縄渡航専用パスポートが必要だったんです。
通貨も米ドルでした。
9枚目をご覧になるとお分かりになりますが、自動車の対面通行も1978年まで右側通行でした。

戦跡巡りをしたことやハブとマングースの戦いショーなんかも見た記憶があります。
ハブとマングースショーは動物保護団体からのバッシングがあり、その後廃止されたと聞いていますが今はどうなんでしょう?
この時も決着がつくまでは戦わせず、マングース優勢のところで止めてました(笑)
この時の写真も撮ったはずなんですが、見つかりません。
なので、沖縄の写真も今回でお終いです。
枚数少なくて申し訳けありません。

数度の引っ越しの際、その他の貴重なネガやポジなどもかなり失くしてしまいました(´Д`;)
管理が杜撰だったことに今更ながら後悔しています。


e0002371_11334046.jpg



e0002371_11342491.jpg


3
さすがにこの頃はまだ今のようなメタボではなかったようでちょっと安心しました(笑)
首にぶら下げているカメラはキヤノンFTbという1971年発売のMF一眼レフです。
右手に何か持っているようなんですが、何を持ってたのかなぁ。
手前の年代物のカメラバッグが泣けますね。
口金が壊れていますが、なぜか今でも家にあるんですよ(笑)
e0002371_11343864.jpg



首里城の大手門にあたる「守礼門」です。
この7年後に再び沖縄旅行したときは色鮮やかに化粧直しされてました。
そして、11枚目のような艶やかな沖縄衣装を身に纏ったモデルさんが二人、観光客といっしょに写真に撮られるお仕事されてました(笑)
e0002371_1135224.jpg



e0002371_11351874.jpg



e0002371_11354250.jpg



e0002371_11355844.jpg



e0002371_11361545.jpg



右側通行ですね。
e0002371_11363026.jpg


10
「NAHA TOKYU HOTEL」に泊ったようです。
e0002371_11364156.jpg


11
夜の宴会で沖縄の歌や踊り、沖縄伝統武術など見せていただきました。
↓ でシャパさんのご指摘があったように、11、12枚目は裏焼きでした。
なので、左右が本来の写真とは逆になっております。
シャパさん、ご指摘ありがとうございました。
e0002371_11365472.jpg


12
e0002371_1137882.jpg

[PR]
by lucky562 | 2010-11-06 11:38 | 昔の写真